top of page

自己紹介

こんにちは。

4月に入部しました原口大空です。

出身は札幌で、実家は北大から自転車で25分程度の場所にあります。札幌の夏は年々厳しくなり、本州から期待を抱いてきた方たちはがっかりしたことでしょう。


僕がホッケー部に入部を決めた理由は2つあります。1つは部の雰囲気です。新歓のときに皆さん楽しそうにホッケーをプレーしていて、ご飯の時も気さくに接して頂けました。入部してからも、練習のキツさは変われど、明るい雰囲気は変わらずとても楽しく活動出来ています。2つ目はホッケーのゲーム性です。僕は高校でサッカー部に所属しており、ホッケーもサッカーも11人制のゴール競技である点で今までの経験を少しでも生かしたスポーツだろうと思えたからです。実際はサッカーよりも流動的で、サイドによってもセオリーが変わるのでとても難しいですが、頭を使ってプレーするのは楽しいです。


今後の目標として、1歩でも先輩に近づけるようにしたいです。パスやトラップといった基礎的な技術やチーム戦術の理解はもちろん、後輩に優しく接する、丁寧に教えてあげられる、そんなプレイヤーになるべく努力していきます。


閲覧数:109回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自己紹介

こんにちは、5月下旬に入部した北大経済学部一年の浜田清和です。生まれは広島県で育ちは神奈川県という札幌と雪にほぼ無縁な18年を過ごしていました。札幌に1人できて2か月経ちましたが、日ごとの温度差が激しく風が吹き荒れる天気に毎日苦戦しています。 運動経験として、小学校は水泳、中学は硬式テニス、高校はバドミントンと、ホッケーだけでなくチーム競技もしたことはありません。そんな僕が陸上ホッケー部に入った理

自己紹介

こんにちは、この春入部させていただきました法学部2年の露口快希です。出身は奈良県です。北海道に来て2か月ほど経ちますが、まだ関西弁が強く残っています。 実は僕は一年生のころは神戸市にある兵庫県立大学の学生でした。そこから二年次編入をして今年度から北大に来ました。まだ学年に10人しかいないSSRレアキャラです。なぜ編入しようとしたかというと大学生になって刺激が足りず、何か個人で達成できる目標が欲しか

自己紹介

こんにちは、この春入部させていただきました工学部1年の鋤崎巧です。出身は大阪で、周りの人から関西弁が強いとよく言われています。とにかく大阪のことが大好きです!生まれは大阪ですが、実は赤ちゃんの頃に一年ほど札幌に住んでいました。何かの縁があってまた北海道に来たのかなと思っています。 僕がこの部へ入部することにした決め手は部の雰囲気の良さとプレーの楽しさです。新歓では先輩方が気さくに話しかけてくださり

Comments


bottom of page