キーパーについて

 お久しぶりです。男子部3年生の木ノ内です。今回は僕がホッケーのキーパーという特殊なポジションについて話をしようと思います。

 まず、キーパーはフィールドプレイヤーと違って前進に防具を付けてプレイします。この防具は部活で購入したものを受け継いで使用しているので新しく自費で購入する必要はありません。防具は、足、脛から膝、股関節周辺、上半身のプロテクター、手、ヘルメットの7個があり、これをキャリーバックに入れて練習に持っていくことになります。全身に防具を付けると次のような感じになります。

 次にルールについて説明をしたいと思います。キーパーは基本サークル内から出てはならずサークルから出て防具の一部にボールが触れた場合退場になります。その代わりサークルの中ならばフィールドプレイヤーと違い、ボールを蹴ったり、手ではじいたりしても反則にならないため、倒れこんでセーブをしたり、スライディングをしたりサッカーのキーパーと同じような動きをすることが可能です。しかし重大なファールをした場合ペナルティーコーナーよりも点が決まりやすいペナルティーストロークと呼ばれるものを取られる可能性があるので注意する必要があります。

 キーパーのミスは即座に失点につながるので責任重大で常にプレッシャーがかかりますが、ファインセーブなどでチームの危機を救うと味方の士気を上げることができます。サッカーのキーパーをやっていた人はもちろんのこと、そのほかにもボールを使うスポーツをやっていた人すべてに適性があるポジションなのでぜひやってみてほしいと思います。 

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さんお久しぶりです。木ノ内です。 そういえば引退ブログを書かなきゃいけないということを急に思い出したので、今寝起きの頭でこの文章を書いています。 時間がたつのは早いもので、最後の試合のインカレを終え引退してからもう既に一週間ちょっとが経ちました。引退しても今までの習慣というものは抜けないもので、今週の火曜日は朝練に行かなくてもいいのに自然と6時に目が覚めてしまいました。 試合が終わった直後は4年

こんにちは、大谷です。 五十音順で一番前というばかげた理由で、引退ブログのトップバッターになってしまいました。 結構同期いるのに僕?乾なんで辞めてんの?生まれ順にしろ!という感情しかなく、引退の実感も湧いておらず、気持ちの整理もついていないので「いまいち何を書けば良いのか定まってないぞ」という状態でブログなんて書けたもんじゃありません。 だけど、愛する部員の顔を思い浮かべると気持ちが溢れてきてしま

皆さんこんばんは。はたまた担当します1年MG藤田です! さて、ついにインカレまであと1日となりました。皆さん思い思いの夜を過ごしているでしょう🌙 個人的な話になってしまうのですが、私はいま東京ではなく札幌の自宅にいます。 ので、明日のミーティングには絶対に間に合わないです…申し訳ないです💦 そのような状況ではありますが、明日の大会に向けて三つの個人的な目標があるのでこの場で宣言いたします。 ①